ニキビ、ニキビケアアンケート・データから読み取る

ニキビ予防をしている人は50%以下

ニキビのアンケート

" alt="ニキビ、ニキビケアアンケート・データ" />

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケア大学・ヘルスケア大学ユーザ「ニキビ」に関するアンケートより引用

 

 

スキンケア大学、「ニキビ」に関するアンケートを実施ニキビがよくできる部位、気になる部位の第一位は「口周り」!
〜特にあごニキビは8月下旬から増加し、11月ピークに〜株式会社リッチメディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本 幸蔵)が運営する、ユーザー月間約1500万人の日本最大級の美容・健康情報サイト「スキンケア大学・ヘルスケア大学」は、2016年8月4日(木)〜8月11日(木)の期間において、スキンケア大学・ヘルスケア大学ユーザー383名を対象に、「ニキビ」に関するアンケートを実施しました。
エキサイトニュース2016年8月30日 http://www.excite.co.jp/News/release/20160830/Atpress_110910.htmlより引用

 

上記のアンケートでは上記の表以外にも詳細なアンケートが書かれていますので、ご覧ください。

 

このアンケートによるとニキビ予防を事前にしている方は47%と半数にも満たしていません。さらにニキビができたあとも42%とさらにニキビケアの比率が下がっています。

 

つまり、ニキビの予防も半数以上の方はできていませんし、できたあともニキビ対策をしていない方が多いとの結論です。これではニキビができて当然の結果です。

 

では、どうすればいいでしょうか?
基本的なニキビの原因と対策を知ることです。

 

TOPページにお戻りください。