ニキビの原因はあなたがニキビについて知らないから?最新ニキビケア事情

ニキビ予防していますか?できてしまったニキビ原因知ってますか? 

夏の汗で汚れた肌には、ニキビケアは大切!

 

洗顔と保湿が一緒になった、コレなら、時間のない朝には手間知らず。

 

5月31日までなら送料無料。詳しくはココ

↓  ↓

 

 

ニキビがひどくて学校へ行くのがツライ、会社に行くのが憂鬱。 

 

ニキビでできる場所は顔や背中などそれぞれなのに、そのたびに違う、ニキビクリームやニキビ化粧品を買うのは面倒だし・・・

 

できれば、ひとつで済ませたい。

 

そんな、あなたに2017年、定番のニキビクリーム、ニキビ化粧品を紹介します。

 

悪化させずに、1日も早くなんとか直したいし、もうニキビなんて、できない肌にしたいと思いますよね。

 

でも実際、どうしたら本当にニキビを治すことができるのか、ご存じでしょうか?

 

それには、まずはニキビの原因と対策を知ってください。

 

ニキビの種類

 

ニキビには種類があるのです。まず年齢的に分けると、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」になります。

 

その他、「白ニキビ」・「黒ニキビ」・「赤ニキビ(丘疹)」・「黄ニキビ(膿疱)」などがあります。

 

この4種類のニキビについては、症状の軽い順に表示しました。

 

ですので、白ニキビから徐々に悪化していったものが黄色ニキビと言うことになります。

 

これらのニキビのできる順番と種類を把握しておくことが、治すための重要なことになってくるのです。

 

今すぐにニキビを治したい、あなたは今、お得な商品や人気商品をご紹介します。

 

★大人ニキビで絶大な効果と言えば ORBIS 薬用 クリアトライアルセット おひとり様1点限り

赤矢印

 

 

 

 

 

何故、ニキビの原因を知る必要がありますか

ニキビできてどうしよう

 

ニキビを治すためには、今できているニキビが何の種類なのか、どの段階のニキビなのかを知る必要があります。

 

できてしまっているニキビの種類に応じて、治し方が大きく違ってきますので、ニキビの種類に合った治療を行うことが大切なことになってきます。

 

また、思春期のニキビと大人のニキビのできてしまう原因も違ってきますので、予防する方法も違ってきます。

 

ホルモンバランス

思春期の頃などは、皮脂の分泌が活発ですよね。成長期なのでホルモンバランスも非常に関係してくるのです。

 

仕事のストレス

 

大人は、仕事でのストレスもありますし、睡眠時間、またアルコールの摂取なども関係してきます。

 

メイク

 

そして1番気になることは、「メイク」です。

 

ほとんどの大人の女性は、朝メイクをして出勤しますよね。その朝した、メイクを1日中つけたまま過ごすことがほとんどです。

 

冷暖房

 

お肌にとってどうでしょう?また冷暖房も肌には影響してきます。

 

職場の環境はどうでしょうか?ストレス解消の為の趣味は充実しているでしょうか?

 

生活環境

今の生活環境、生活スタイルはどうですか?

 

 

関係ないと思われるかもしれませんが、これもニキビを作らない肌にするための大切なことなのです。

 

ニキビと言われても、種類があるように治すにも、それぞれの治し方が必要になってきます。

 

ニキビができたから、ニキビ専用クリームで簡単に治ると思っていませんか?

 

できてしまったニキビの原因を探り、その原因の改善もする必要があります。

 

ニキビを綺麗に、また跡を残さず治すには、まずニキビについての基本的な知識を知る必要があることがおわかりになったと思います。

 

そこで、ニキビの予防について、またできてしまったニキビをどうしたらいいのかなど、わかりやすくお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ニキビ化粧品を選ぶときに注意すべきこと

 

ニキビのない美女

 

ニキビ化粧品の種類

 

ニキビができてしまった、または予防したいと、薬ばかりに目がいき、スキンケアを忘れていませんか?

 

ニキビ予防、治療の基本にはもちろんスキンケアが大切です。

 

ニキビは皮脂が原因なのでオイルフリー・保湿なし、とお考えの方も多いようです。しかし、それは間違いなのです。

 

ニキビ肌でも、ニキビ予防でも、お肌の保湿はとても重要になってきます。

 

基本的なケアができていなければ、綺麗なニキビのないお肌へ導くことは難しくなってしまいます。

 

大人の女性ともなれば、高級な化粧品や同僚のすすめなどで、化粧水または今はスキンケアを手軽に時短できる、オールインワンジェルなどがありますが、自分のお肌に合っているのでしょうか?

 

基本的には、乾燥肌の人でも、オイリー肌の人でも化粧水と保湿は必要不可欠なのです。

 

そこで、ニキビの治療やニキビ予防に使われる評判のよい人気のスキンケアをここでご紹介したいと思います。

 

きっと、あなたのお肌に合うスキンケアが見つかるのではないでしょうか?ぜひ、参考になさってください。

 

おすすめの人気ニキビケア化粧品

 

人気化粧水ベスト3

ニキビ薬の使い方

 

1.スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水) 『イミュ』

 

【宅配便のみ】イミュ ナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー 500ml≪化粧水≫

 

【内容量:500ml 価格650円】
>>スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)の感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

2.アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 『アルビオン』

 

アルビオン 薬用スキンコンディショナーエッセンシャル 110mL ※お一人様1個限り

 

【内容量:110ml 価格3500円 ・165ml 価格5000円 ・ 330ml価格 8500円】
>>アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャルの感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

3.ノブACアクティブ トライアルセット『常盤薬品工業』



 

【セット内容 価格1500円】

  • ACアクティブ クレンジングリキッド 20ml
  • ACアクティブ ウォッシングクリーム 15g
  • ACアクティブ フェイスローション モイスト 20ml
  • ACアクティブ モイスチュアミルク 6ml
  • ACアクティブ フェイスローション 2ml×2個

 

>>ノブACアクティブ トライアルセット)の感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

効果的なニキビ化粧品の使い方

 

おすすめのニキビケア商品、参考になりましたか?ここで、忙しい私のような大人の女性に、ニキビ化粧品の効果的な使い方をお教えしたいと思います。

 

残業続きで疲れ切ったお肌への優しいケアの方法、私自身も実線して効果を感じているので、ぜひおすすめしたい使い方です。

 

化粧水の使い方

 

化粧水はケチらずたっぷりと、と聞きませんか?

 

確かにたっぷり使うことはいいことなのですが、その使い方にも方法があるのです。

 

まず、お風呂からあがってすぐに、ニキビ化粧水をすぐにつけます。

 

この化粧水をすぐにつけるということを習慣にしてください。

 

毎日続けることで効果を発揮するのです。

 

お風呂上がりは、毛穴が開いた状態なので、その開いた状態の時に化粧水をつけると毛穴の奥まで浸透するからです。

 

次に、その化粧水を自分の乾燥しやすい個所に重ねつけします。

 

より一層、保湿ができるようにたっぷりと水分を与えてあげましょう。

 

またコットンを使って化粧水をつけると言うかたもいらっしゃるかと思います。

 

その場合には、コットンの化粧水がついていないパサパサ部分は肌に触れないようにつけてくださいね。

 

お肌にダメージを与えないためです。

 

 

ニキビオールインワンゲル・ジェルベスト3

 

次に、ニキビケアのオールインワンゲルの人気の商品をご紹介いたします。

 

オールインワンは、寝坊しがちな学生、時間のない大人の女性にもとても評判がいいものをここで紹介しますね。

 

1.メディプラスゲル『メディプラス』

 

1本4役で楽ちん☆洗顔後これだけで、見た目年齢ギャップ!

 

【内容量 180g 3700円】
>>メディプラスゲルの感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

2.ファーストクラッシュ『エイボン』



 

【内容量 180g  3714円】
>>ファーストクラッシュの感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

3.パルクレール『ビーボ社』

 

【内容量 40g 4980円】
>>パルクレールの感想や詳しい内容はコチラ<<

 

 

 

オールインワンゲル商品が人気のワケ

 

オールインワンゲルが人気なのは洗顔、保湿、トリートメントの3役がひとつに省けるだけじゃありません。

 

経済的にもかなりお得です。使い方は商品によって多少注意が必要なります。

 

オールインワンの使い方

 

オールインワンの場合では、逆にたっぷりつけすぎてしまうと、ベトベトになりすぎてしまいます。

 

特にメイクをする前では、とてもメイクをつけられるお肌ではなくなってしまうので注意です。

 

それぞれのオールインワンの適量をすくい、優しくお顔全体に伸ばしてあげるのがポイントです。

 

するともっちりしっとしとしたお肌になります。

 

お肌は、とてもデリケートです。優しい毎日のケアがとても重要なのです。


 

ニキビクリーム(塗り薬)、何を使えばいいですか   

ニキビを気にする美女

市販のニキビ薬と処方箋のニキビ薬の違いとは?

 

ニキビができてしまったとき、まず一番思いつきやすいのが、薬局で市販の塗り薬を購入することではないでしょうか?

 

市販のニキビ薬

 

市販の塗り薬は、手軽に購入できるので便利ですよね。

 

また市販の塗り薬は、一時的な炎症などの悪化を抑えるためを目的としているので、根本的な治療とはあまり言えません。
この市販の薬を使用することで、一時的に落ち着くことはありますが、また新たにニキビが出てくる可能性もあるのです。

 

またステロイド配合のものは、効果的だと言う話を耳にしませんか?

 

ステロイドは比較的、強い薬に分類されるので、自己判断は危険とも言えます。

 

ステロイドは、長期使用は医師からでも、使用を控えるように注意される薬の1つなので自己判断での購入や使用はあまりおすすめできません。

 

処方箋のニキビ薬

 

そして、処方箋のニキビ薬ですが、ニキビで病院に行くことは面倒に思うかも知れません。

 

しかし、皮膚科専門医の診断と判断で処方される薬は、適切な治療と言えます。安心かつ安全です。

 

専門医は、何のニキビなのか、症状的にはどうなのか、また予防、改善策など、これからのニキビの治し方などを診断し判断してくれます。

 

ニキビ治療には専門医の判断や治療が確実です。

 

また専門医から、自己の肌質や生活習慣で気をつける点など、あらゆる対策を教えてもらうこともメリットです。

 

また、処方された薬で効果が現れなかった場合には、また別の治療方法や薬の処方を検討してもらうことができます。

 

専門医のメリット

 

そして、飲み薬を処方してもらえることは、かなりのメリットですね。体の内側からも、ニキビ対策をすることが可能なわけです。

 

大人ニキビの場合、ストレスやホルモンバランス、またビタミン・睡眠不足が原因の場合もあるので、いろいろなサプリを飲んでみることもありますよね。

 

今は、たくさんの種類のサプリメントも販売されているので、サプリメントを飲むことで治るのではないかと誤解していませんか?

 

サプリメントは治療ではないので、即効性もあまり期待できないのではないでしょうか。

 

自己で市販のサプリメントでしたら、購入は可能ですが、専門医が判断した薬は最も効果的治療方法なのではないでしょうか。

 

また、できてしまったニキビ跡はなかなか消せません。ニキビ跡でお悩みの場合はクリームでなく皮膚科、美容外科にご相談ください。⇒聖心美容クリニック

 

市販のニキビクリーム購入は簡単

 

ただし、評判の良い皮膚科の専門医は限られています。平日でも2,3時間待たされることもざらです。

 

市販のニキビクリームは数百円で買えるものも多いので、楽天、Amazonで購入するのもいいでしょう。

 

おすすめ市販のニキビクリーム(塗り薬)の紹介

 

手軽に購入できるニキビの塗り薬は便利です。しかし、実際の効果はどうなのでしょうか?

 

ニキビの種類やニキビができた個所によって使用するニキビクリーム(塗り薬)も考える必要があります。

 

ここでは、とにかく専門医やニキビ経験者からとにかく口コミ、評判の良い、効果が期待されるとニキビ塗り薬を紹介してみたいと思います。

 

商品に関しては楽天、Amazonで最安値を抽出しています。また、抽出時と購入時期で値段、店舗名が若干変動があります。ご了承ください。

 

ただし、ニキビクリーム(塗り薬)は比較的安いので、それほど価格差はありません。

 

 

1.テラ・コートリル (Johnson&Johnson)

●@コスメ、全世代に圧倒的人気のニキビケアクリーム
●効能的には、ニキビのほかにも湿疹・皮膚炎・あせも・かぶれ・しもやけ・虫さされ・じんましん・化膿性皮膚炎にも効果
●顔ニキビにはもちろん、背中や胸の体にできてしまったニキビにもOK
●【包装・希望小売価格】 軟膏a:6g \1000円(税抜き

 

最安値はこちら

 

2・オロナインH軟膏(大塚製薬)

●全世代に強いネームバリュー
●あごニキビや背中ニキビなどに使う人が多い
●オロナインにはステロイドは配合されていない
●【包装・希望小売価格】  瓶入り:100g \1000円(税抜き)

 

最安値はコチラ

 

 

3.ペアアクネクリームW(ライオン)

●ペアアクネクリームは、大人のニキビ用クリーム
●ニキビの原因のアクネ菌による面皰を抑える作用があり
●塗ったあとからメイクができるペアアクネクリーム
●【包装・希望小売価格】  チューブ:14g \950円(税抜き) 

 

最安値はコチラ

 

 

4.クレアラシル(レキットベンキーザー・ジャパン)

●青春のシンボル、クレアラシル
●ニキビ初期にはクレアラシル
●【包装・希望小売価格】  チューブ:18g \1000円(税抜き) 

 

最安値はコチラ

 

 

5.ビフナイトSニキビ治療薬(小林製薬)

●眠っている間にニキビに効能を発揮する薬
●皮脂の分泌を抑えて毛穴を乾燥させるイオン成分が配合
●【包装・希望小売価格】 チューブ:18g \980円(税抜き)

 

最安値はコチラ

 

 

 

 

ニキビクリームの塗り方、使い方を説明しましょう。

 

ニキビクリームの塗り方や使い方を間違うと、逆に悪化させてしまう恐れがあります。

 

正しい基本的なつけ方と使い方を覚えてください。

 

まずは綺麗に洗顔をします。

 

お肌の汚れが残っていたり、皮脂や汚れが落ち切っていない状態で使用することは避けましょう。

 

綺麗にお肌の汚れを落とし、清潔なタオルで水分拭き取り水分を残さない状態にします。

 

次に、薬を塗るのですが、手や爪は綺麗な状態になっていることを確かめます。

 

特に爪には、バイ菌が潜んでいるので要注意です。また綿棒がある場合には、綿棒の先端を使って塗ると汚れなどが付くことはないので、おすすめです。

 

そして、ニキビの個所に塗るときには、ニキビ全体を覆い被せるようにして、適量を塗ってください。

 

塗り終わった後は、まだ乾いていないので触らないようにしましょう。

 

また乾いたあとでも、手で触ったり押したりしないように気をつけてください。

 

そのまま寝ることが多いと思いますが、布団やシーツも清潔に保つことが大切です。

 

汚れた布団やシーツにニキビや肌が触れることは、悪化の原因になります。

 

また、せっかく塗ったクリームなどが、落ちないようになるべく擦れないように気をつけてください。

 

正しいニキビクリームの使い方をして、ニキビや肌荒れの少ないお肌になるよう努力しましょう。

 


 ニキビと上手に付き合う方法

ニキビのない笑顔はすてき

ニキビの治し方

 

まず、簡単にニキビを予防・また治す基本的なポイントを覚えておいてください。

 

  • 丁寧な洗顔で、毛穴の汚れを残さない
  • 十分な睡眠を取る
  • ストレスをためない
  • 食生活の見直し
  • リラックスするための趣味を持つ

 

これらも予防や治すための大切なことです。自身の生活習慣がとても重要になってくるのです。

 

絶対ダメ!ニキビの処置

ニキビができてしまうと、イヤですし、恥ずかしいのでつい潰したくなりますね。

 

ですが、絶対に潰してはいけません。ニキビ跡が残ってしまいます。そんなことは絶対に避けたいですよね。

 

また出来てしまったニキビは、手で触らないようにしましょう。悪化の原因になってしまいます。

 

今では様々な種類のニキビ予防薬などが販売されています。薬局などにも売っていますし、手軽に購入することができます。

 

しかし、試しに使用してみようと思っても、実際どんな薬がいいのかわかりません。

 

たくさんの種類のものが売られています。

 

ニキビはできている個所によっても予防や治し方が大きく違ってきますので、それぞれのニキビにあった塗り薬などを選ばなくてはなりません。

 

まず、それぞれの個所の予防の仕方をここで説明していきましょう。

 

「おでこ」
おでこニキビの美人

 

前髪がかかりやすい場所です。髪には汚れやバイ菌が付着しています。おでこのニキビは前髪で隠したくなりますが、髪が顔にかからないようにします。

 

「鼻」
鼻ニキビの美人

Tゾーンは皮脂の分泌が多い個所になります。洗顔で毛穴の汚れを落とし、脂っこい食事を控えるようにします。

 

「頬」
頬ニキビの美人

頬は男性などに多く見られます。脂っこい食事や糖質を抑える努力をしてください。

 

 

「口の周辺」
口回りニキビの美人

これは、食生活にあると言われています。食べ過ぎやまたはビタミンが不足していても、ニキビが出来やすくなります。

 

 

「あご」
あご回りニキビの美人

あごは、成人した大人の女性に多く見られるニキビです。あごは、ホルモンが関係しているのです。女性なら生理の前後にニキビが出来やすくなってしまいます。また睡眠不足もあごにニキビができる原因の1つですので十分な睡眠を心がけてください。

 

ニキビの予防や治すためには、これらのことを注意して改善してみてください。

 

即効性のあるニキビの治し方

 

残念ながら、ニキビをすぐに1日で治す方法はありません。治すのには、数日は必要になってきます。

 

しかし、今日は大事な最終オーディションの日、モデルさんの撮影日、念願の彼氏とのデート。
今日だけ、ニキビ消して〜

 

簡単にニキビが改善されたら苦労しないです。確かに・・・

 

しかし、1日だけニキビが改善するだけなら、まったく方法がないわけではありません。

 

@cosme 人気ナンバーワンのテラ・コートリル軟膏なら

 

コチラをクリック⇒小売り希望価格は1,000円ですが、楽天なら600円以下で買えます。

 

とくべつな日のため、急なニキビ対策に1本、お部屋に用意しておきましょう。

 

寝る前にスキンケアを丁寧にした後、ニキビの上に塗布して絆創膏を貼って寝るだけ。

 

炎症が収まる効果が期待できます。

 

ほかにはYouTube(ユーチューブ)などを参考にしてください。

 

ニキビの隠し方などたくさん検索できますよ、コチラなんか面白そうです

 

一般的には市販の下位5点のニキビクリームが有効です。皮膚科に行く時間のない方はお試しください。

 

そして、さきほどお話しした生活習慣、これが1番重要なので「生活習慣の見直し・改善」をするように心がけてください。

 

1日でも早くニキビを治すための重要なことなのです。

 

 

私がすべての顔周り・部位につけていた@コスメランキング2位

10代から50代まで幅広いニキビケアのオールインワンゲルはコチラ

https://mediplus-orders.jp/

 


ニキビができる主な原因

 

ニキビ原因は何?

 

 

まず、ニキビをできない肌、またはニキビを治すのには、ニキビができる根本的な原因を知ることが必要になってきます。

 

私自身も初めはニキビができてから、早く治したい、隠したい、と治療にばかり気持ちが先走ってしまい、原因なんて考えてもいませんでした。

 

でも原因を知ることで、予防や改善をして、ニキビをできないようにする努力ができるようになるのです。

 

ニキビのメカニズム

 

まず、皮脂や汚れが毛穴に詰まっていくことから始まります。

 

すると皮膚の表面がぶつぶつしてきたり、凸凹してくる状態になってきます。

 

ですが実際には、少し脂っぽくなった、メイクの、のりが悪くなったかな、程度で、実際にはあまり認識が難しい初期の状態です。

 

白ニキビ

 

次に毛穴の出口付近の角質が厚くなってきます。これは毛穴を塞いでしまっている状態なのです。

 

毛穴に詰まった皮脂が皮膚を押し上げてきて、先端が白く見えてきます。これが一般的に言う白ニキビを呼ばれるものです。

 

黒ニキビ

 

次の段階になると、毛穴に詰まった皮脂が皮膚の表面に出てきてしまいます。

 

すると、空気や汚れなどに接して、酸化してくるのです。この酸化することで黒ずんで見えるようになってきます。これがいわゆる、黒ニキビなのです。

 

赤ニキビ

 

皮脂内にたまってきてしまったものが、アクネ菌と呼ばれる菌によって分解されます。

 

その時、皮脂が刺激を受けて炎症が起きてしまいます。赤く腫れるのは真皮の充血によるものです。

 

これが赤ニキビと呼ばれるもの。この状況くらいから、ニキビの痛みを感じるようになってきます。

 

この頃のニキビから跡が残りやすくなるので、触ったり、潰すようなことは絶対にしないでください、厳禁です!

 

黄ニキビ

 

次に赤ニキビには膿がたまってきます。そしてますます皮脂が盛り上がってくるのです。

 

毛穴につまった膿は黄色くなってきて、その周りは炎症で赤くなります。これは最悪な状態の黄ニキビなのです。

 

このように、ニキビは段階を踏んで悪化していくので、初期のうちに治すことが重要です。

 

 

生活面での原因

 

生活習慣がニキビの主な原因の1つです。

 

内的要因としては、睡眠不足、食生活またストレスや大人の方に多くみられるホルモンバランスなどです。

 

これは、忙しい女性に多い生活習慣ではないでしょうか。

 

私も以前は、全てが当てはまってしまいました。

 

寝不足

 

きちんと睡眠を取ろうと心掛けていても、残業などで遅く帰宅すれば寝る時間も遅くなってしまうので、どうしても睡眠不足になりがちですよね。

 

ですが、睡眠はお肌にとても大切なことなので、寝不足は要注意です。

 

食事

食生活では、ジャンクフードや油物を多く摂取してしまうと、お肌に影響してきます。またビタミンが不足しても肌荒れの原因となります。

 

そして、胃腸や消火不良も肌荒れの原因になるので、胃や腸は刺激を与えないようにすることも大切です。

 

ストレス

ストレス、これは難しい問題ですね。私もそうですが、仕事のストレスはどうしても溜まってしまいます。

 

私の場合は平日の夜は、ジャズダンスをしています。ストレス解消になるし、すごく楽しいのです。イライラしてしまった日には、思いきりダンスを楽しむようにしていますよ。

 

趣味を持ってストレスをためないようにすることは、とてもお肌に良いことなのです。

 

生理不順(女性の場合)

 

またホルモンバランスも影響します。大人の女性の場合には、生理前後、または生理不順でもニキビができやすくなります。

 

私も生理前になると、お肌がうずくうづくような違和感を覚え、案の定ニキビができ始めてしまいますね…。

 

手からの接触

 

また、外的要因もあります。お肌をいつでも清潔に、そして汚れた手などで触らないこと。丁寧な洗顔をして、肌を乾燥から守らないとニキビの原因を作ってしまうことになるのです。

 

これらの生活習慣と呼ばれるものは、簡単に改善するのは難しいとは思いますが、お肌にとってはとても重要なことなので、見直してみてください。


 

ニキビの種類

ニキビの種類はどれくらい?

 

今まで、ニキビの種類がたくさん出てきましたがご理解いただけましたか?

 

それでは実際に、どんなニキビなのか、説明していきたいと思います。それぞれのニキビの種類や特徴を知ることで、予防や治療にとても役にたつのです。

 

 

1.思春期ニキビ

 

思春期の頃、ニキビに悩まされる人は多いのではないでしょうか?

 

思春期とは、おもに10歳くらいからを言います。早い人では10歳で、ニキビができ始める人もいます。思春期の頃は皮脂の分泌がとても盛んです。

 

思春期のニキビはホルモンの変動によって皮脂が過剰に分泌されて、毛穴を詰まらせてしまうのです。

 

思春期の頃は皮脂が少ない人でも場合によっては、過角化によってニキビができてしまう場合もあり、乾燥ニキビとなるのです。

 

 

思春期ニキビができやすい個所は、Tゾーンです。Tゾーンは皮脂の分泌が非常に多いので、どうしてもニキビができやすくなってしまいます。

 

また思春期は顔だけでなく、背中や胸にもニキビができやすい時期です。

 

実際に私も顔だけではなく、背中にもニキビができてしまい、学校のプールがとてもイヤだった経験があります。

 

またホルモンの変動、これは思春期には成長ホルモンの分泌が始まります。

 

この成長ホルモンの影響で、ホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されると言われています。

 

結局、ではいつまで続くの?と思いますよね。実際には思春期の終了時期、ほぼ18歳から20歳くらいと言われています。

 

思春期ニキビの予防や、できてしまったニキビケアをきちんとしておくことが、ニキビ跡をつくらない綺麗なお肌へと導くのです。

 

 

2.大人ニキビ

 

大人ニキビとは20歳を過ぎた成人ができるニキビのことを言います。

 

せっかく思春期を過ぎたのに、まだニキビができていると悩む人も結構多いのです。実は私もその1人。

 

大人ニキビは思春期ニキビより、ニキビ跡が残りやすいのをご存じでしょうか?

 

またニキビの跡がシミになってしまうこともある困ったニキビなのです。

 

大人ニキビは表皮の新陳代謝のサイクルが崩れて、厚くなった角質層が上手にはがれずに、毛穴をふさいでしまうことが大きな原因です。

 

また大人になったことでの原因で、生活習慣の乱れ・食生活・睡眠不足・ストレス・生理の周期の関係など、大人ならではの原因が多々あります。

 

思い当たる原因があるのではないでしょうか?

 

私も実際に当てはまったので、かなり改善策に悩みました。

 

ですが、生活習慣を見直し、正しいニキビ予防をすると、ニキビはできにくくなります。

 

大人ニキビは、思春期ニキビに比べて赤ニキビや黄ニキビになりやすいので、跡に残りやすくなってしまうので要注意です。

 

3.赤ニキビ

 

赤ニキビは毛穴がふさがることで、アクネ菌が活性化し炎症がおこることにより、赤くはれあがるニキビです。

 

正直、赤ニキビは治りにくいのです。炎症がひどくなると、膿をもってきたり、痛くなってくることもあります。

 

赤ニキビは、絶対に触ってはいけません。

悪化の原因でしかないのです。この赤ニキビには抗炎症作用のあるスキンケアをすることをおすすめします。

 

4.黄ニキビ

 

黄ニキビは、最も炎症の酷い状態のニキビなのです。

 

黄ニキビは、化膿ニキビと呼ばれるほど、重症な状態なのです。黄ニキビは、正しい治療をしないとニキビ跡になる可能性が非常に高いのです。

 

そんなニキビ跡のあるお肌にしたくないですよね。

 

もうすでにアクネ菌も増殖していて、炎症もひどい状態なのでステロイド配合のお薬を使うことが効果的かもしれません。それほど、悪化しているニキビなのです。

 

 

5.黒ニキビ

 

黒ニキビは、毛穴につまった皮脂や汚れが収まりきれずに、表面にでてきて酸化し、黒く変色してしまったニキビのことです。

 

黒ニキビの状態のときは、まだ炎症をおこしていません。

 

しかし、黒い芯のようなものが入っているように見えるし、黒ニキビは目立つので、黒いところを取り除いてしまう人がいます。

 

確かに取り除くことはできます。取り除けば、黒いのはなくなりますが、ぽっこり穴があいてしまうのです。これは完全に跡になってしまいます。私も取り除いてしまったことがありました・・・。

 

絶対に取り除いたりしないで、炎症する前に治しましょう。

 

6.白ニキビ

 

白ニキビは最初の段階のニキビです。

 

1番軽いので1番治しやすいニキビとも言えるでしょう。

 

毛穴がつまっている状態なだけなので治しやすいのですが、治ってもまたすぐに出てくるので結構しつこいのです。

 

また少し色が似ていることから、黄ニキビなのに、白ニキビだと勘違いしてしまうこともありますので、注意してください。この白ニキビは背中にも多くできます、私が経験者です・・・。

 

白ニキビのこの初期状態のうちに、治してしまいましょう。

 

ニキビの種類・特徴についておわかりになりましたか?ニキビ予防・ニキビを治すうえで、知っておかなくてはならないニキビ種類、適切な治療をしてニキビを治しましょう。

 

おすすめの人気ニキビケア化粧品 おすすめ市販のニキビクリームの紹介

 

 


ニキビ対策

ニキビケアの女性

 

 

1ニキビを予防する方法

 

これまで、たくさんの説明をしてきましたが、ここでニキビができる前に予防をする方法をまとめたいと思います。

 

 

丁寧な洗顔。

 

ニキビの原因となる、皮脂や汚れを毛穴から綺麗に取り除くことで予防ができます。ニキビの素となるものを取り除いてしまって、ニキビができることのない毛穴にしてしまいましょう。

 

洗顔した後には保湿。

 

私はお肌がベタつくしニキビができてしまうと思って、オイルフリーや保湿成分のすくない、さっぱりタイプのものばかり選んだりしていました。

 

またクリームは使い心地がさらっとしないからと使いませんでした。そうすることが、ニキビ予防だと私は思っていたのです。

 

でも、それは保湿をしていないと言うことで、間違ったスキンケアをしていたことに気づくのに数年もかかりました。

 

また保湿対策には、洗顔でゴシゴシ洗いすぎて保湿を逃がさないことです。

 

洗顔後に軽く手でパッティングをしながらお肌に残った水分を入れこむことも保湿対策の1つです。

 

保湿をするということの大切さは、保湿をすることによって角質層に水分が与えられて皮脂の分泌を抑えられるのです。

 

また洗顔後は、毛穴が開いている状態なので、水分が入りやすくなっています。

 

その時にたっぷりとお肌に水分を与えてあげることで保湿効果が高まると言うわけです。

 

化粧水

種類がありますが、できればグリチルリチン酸やビタミンCの配合されている保湿力の高いものを選んだほうがお肌の保湿にはいいといえるでしょう。

 

また保湿成分が高いのはセラミドです。セラミド配合のものは、水分を維持してくれるので、保湿効果が長い時間保てるわけです。

 

少し面倒かもしれませんが、保湿クリームも水分を多く含んでいるので、保湿効果が期待できます。

 

私は、化粧水だけでは乾燥してきてしまうので、特に寒い時期には保湿クリームを使用していますよ。

 

乾燥をふせいで、もっちりとしたお肌が続きます。

 

これらは、ニキビを予防するのにとても重要なことです。
生活習慣の見直しについては、この後で詳しく説明します。

 

 

 

2ニキビができてしまったら

 

どんなに予防していても、ニキビができてしまうことはあります。そのときは軽い症状のうちに治してしまいましょう。

 

洗顔

 

まず、ニキビの原因の毛穴のつまりを取り除くために、丁寧な洗顔をします。お肌を清潔にします。

 

保湿

 

そして、自身に合ったスキンケアで丁寧に保湿をしてください。以前、お話ししたようにニキビを手で触れることは厳禁だということを忘れないでくださいね。
できてしまったニキビは、ご自身で手軽に治せるなら一番です。

 

市販の薬

 

できてしまった個所や症状によって、使い分けると効果的ではないでしょうか。
炎症してしまっているニキビには、強めのステロイド配合のものを使うなど、市販の薬で使い分けることも1つの手段です。

 

化粧水

 

保湿効果の高いものを使用して、お肌に水分をたっぷりと与えてあげます。

 

さきほどまで、お話ししたように、保湿がニキビを作らないようにする対策なので、保湿していなければ、ニキビは治りにくいということになります。
ニキビ跡をつくらずに治すためには、保湿効果の高い化粧水で、お肌に潤いをあたえてあげましょう。

 

それでも、ニキビが悪化しそうな場合は皮膚科に相談してください。

 

 

 

 

3ニキビ跡をどうする?跡を残さないために

 

ニキビ跡となってしまったら、正直簡単に治すことは難しいと言えるでしょう。すでに細胞が破壊された状態になっています。

 

ターンオーバーを最大限利用

 

皮膚はターンオーバーと呼ばれるサイクルによって28日周期で入れ替わっています。

 

しかし、ターンオーバーが弱ってしまえば、ニキビやニキビ跡もなかなか消えることができません。

 

ターンオーバーが正常になれば古い皮膚はなくなり綺麗なお肌に生まれ変わることができるのです。

 

ターンオーバーを正常にするために必要な、ビタミン・ミネラルを多く含んだ食事を取るようにしてください。


ニキビまとめ

ニキビケアが治って喜ぶ女性

 

 

 

1ニキビは作らないことが一番

 

ニキビ予防の方法は理解できたのではないかと思います。では、ニキビを作らないための生活とは、生活習慣の改善とはどんなことでしょうか?
まとめとして具体的にお話したいと思います。これは実際に私も改善したので、効果はあるのではないかと思います。

 

 

・睡眠 

 

私はそれまで0時過ぎに寝ることがほとんどでした。ですが、どんなに遅くてもその日のうち0時までには寝るように改善しました。これは効果的でしたね。

 

・食事 

 

ビタミンなどのバランスを考え、食物繊維を多く摂るようにします。もちろんチョコレートやスナック菓子などは、控えてください。
大好きだったチョコレートは、なるべく避けるように私も努力をしましたよ!また、揚げ物類などの皮脂の分泌を活性させてしまう油分も控えてください。

 

・ストレス

 

 ストレスはお肌の大敵です。しかし、ストレスはどうしても溜まってしまうものですね。趣味を持つなど、好きなことをするなどして、気分転換をしてストレス解消を心がけてください。
私は、ジャズダンスを始めたことですごく変わりました。楽しく体を動かすことで、とても爽快な気持ちになれます。自身のストレス解消法を見つけてください。

 

・スキンケア 

 

使っているスキンケアを見直してみてください。きちんと保湿はできていますか?スキンケアは基本的なニキビ予防なのです。
自身のお肌に合った化粧品を使用して、清潔は肌をつくってあげてください。

 

これらのことに注意をして生活することで、ニキビを作らないお肌にして、常に綺麗で清潔なお肌にすることがニキビ予防になるのです。

 

2ニキビができやすい場所

 

最後に、特にニキビができやすい場所を知っておいてください。

 

  • ・Tゾーン
  • ・鼻
  • ・おでこなどの毛の生え際
  • ・頬
  • ・口元
  • ・フェイスライン
  • ・胸元
  • ・背中
  • ・頭皮
  • ・おしり

 

これらの場所は、どうしてもニキビができやすくなってしまいます。それぞれの個所によってニキビができる原因も異なることは、おわかりになったことでしょう。

 

自身のニキビのできやすい個所を把握して、予防を心がけることが大切です。

 

またできてしまったニキビにも、ニキビの段階や正確な治療方法をおこないニキビ跡を残さないようにしてください。

 

 

私も思春期のころからニキビには、ずっと悩まさせられてきました。たくさんの種類のニキビ薬を塗ってみたり、サプリメントを飲んでみたり、本当にたくさん試しましたね。

 

でもこれらの、ニキビの原因や特徴なんてまったく考えていなかったのです。

 

社会人になり、ニキビができやすい時期や、体調の変化に応じてお肌の変化にも気付きはじめ、ニキビの原因・特徴・種類・予防を知ることで以前のようなニキビ肌を改善することができました。

 

今でも、たまにニキビができてしまうことはありますが、初期段階のうちに治すようにしています。

 

お肌の調子も良く、綺麗なメイク仕上がりの日は気分も上がりますし仕事もはかどります。

 

ニキビの知識はあると自分では思っていましたが、思い込みな部分もありましたし、勝手な解釈をしていたように思います。

 

今では、ニキビに悩まされることもなくなったので、会社の先輩との女子会や合コンにも進んで参加するようになりました。

 

以前は、ニキビ顔を見られたくなくて、うつむきぎみでしたが、顔をあげて笑顔で楽しめるようになりましたよ。

 

周りの人にも、印象が変わったね、明るくなったね、などと言われるようになり、楽しい毎日へと変化しました。

 

同じニキビに悩む女性に同じような思いをしてほしくはないので、お役にたてたらと思います。

 

少しの努力で楽しい大人の女性としての生活を送ってくださいね。

 

おすすめの人気ニキビケア化粧品

ニキビ参考サイト